知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

ペルソナ設定は不要?セミナーに集客しやすくなるターゲットの決め方

セミナーを開催して、商品・サービスを売る。

セミナー営業と呼ばれるこの方法は、ひとりビジネスでも、主流です。

しかし、多くの人が直面する問題があります。

そう、「集客」です。

セミナーに人が集まらない…

セミナーは開けるけど、参加者が集まらない。

これでは、商品・サービスを販売する機会に恵まれません。

セミナー集客を行うためには、どうすればいいのでしょうか。

今回は、集客において、最も重要な話をします。

見込み客は、誰?

セミナー集客で、最も重要なこと。

それは、「見込み客は明確か?」です。

  • どんな人に参加してほしいか
  • どんな人には参加してほしくないか

ここを、ハッキリさせます。

来て欲しい人だけ集める

誰でも、集めればいい、ということではありません。

見込み客設定を間違えると、セミナーでの成約率が落ちます。

満足はしてくれても、お客さんにはなりづらいのです。

見込み客の考え方

見込み客を考える時に、どうやっていますか?

  • 名前
  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成

一般的なペルソナ設定だと、こんな感じですよね。

もちろん、大切だと思います。というよりも、それは前提です。

大切なのは、その先

ペルソナの詳細分析も大切ですが、それは「なんのタメ」にやるのでしょう。

その結果、何を導き出したいのでしょうか。

それは、

  1. 悩み・お困りごと
  2. 願望・目標

です。

これらが分かれば、メッセージが、絞り込まれ、シンプルになります。

悩みと願望

悩みと願望を考えることで、

  • 今がどんな現状で
  • それをどうしたいのか

ここが、明確になります。

「願望が叶う」と信じることができれば、見込み客は買ってくれます。

しかし、ここにも注意が必要です。

信じてもらうための工夫

信じることができれば…

ここ、重要です。

要するに、

「信じられる願望や目標の設定をしているか」

が大切になります。

信じられる目標

例えば、「1ヶ月で一眼のカメラがマスターできます」と言われた場合。

これを聞くと、「本当?」ってなりません?

なんか、怪しいですよね…

しかし、この場合はどうでしょう。

「まずは、スマホで撮影で良いので、1日10枚を目指しましょう」

うん。さっきよりは随分信じやすいですね。

「あ、それくらいならなんとなくできそう」となります。

ちょうどよい目標

この、『ちょうど良さ』が大切なんです。

信じてもらうには、ちょうどいい、目標設定が大切です。

  • 10歩先の目標ではなく
  • 2、3歩先の目標を設定する

こうすることで、納得感を持って、セミナーに参加してくれます。

自分の見込み客の、2、3歩先の願望はなんですか?

ぜひ、考えてみてください。

まとめ

現世利益なんて言葉もあります。

  1. 遠すぎるゴールよりも
  2. 目先で、今にでもとにかく欲しいもの

ここに焦点をあてて、集客のメッセージを作る。

そうすれば、セミナーに来てくれる確率はあがっていきます。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ