知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

セミナーの成約率を上げるひとつの方法「限定」

ひとりビジネスの場合、

「フロントセミナー」
「〇〇勉強会」

というのを聞いたことがあると思います。

  • まずはセミナーに参加してもらい
  • そこで、本当に売りたい商品・サービスを売る

こんな方法です。

ひとりビジネスにとって、非常に効果的な方法のひとつなんです。

もうちょっとのところで、売れない

実際にやってみると、参加者の中には、

  • 一度帰って、検討しよう
  • ほかの情報も、見てみよう
  • 奥さんに相談しよう
  • 今は、忙しいしな…
  • 今は、お金が厳しい

このような理由で、あなたのサービスの購入をしない人もいます。

先送り癖を理解する

人は、先送り癖のある生き物です。

「必要だ」「重要だ」と思っても、すぐにはやらない。

セミナー主催者は、ここを想定しておく必要があります。

そして、先送りする癖に対して、対策を打つことがポイントです。

では、どうやるか。

限定性を伝える

今すぐに行動してもらうために、最も有効なのが、

「限定性」を伝えることです。

  1. 今だけですよ
  2. 後では、手に入りませんよ
  3. 今やっておかないと、大変ですよ

こんなことを伝えます。

コピーライティングでも、「限定性」は重要です。

限定性に動かされた例

ここで、「限定性」が働いた、例をお伝えします。

以前、友人から「札幌の雪まつり行こうよ」と誘われました。

私は内心、

「確かに行ってみたいけど、今はその気分じゃないな」

という、思いでした。

さっぽろ雪まつりに行った理由

でも結果的に、私は「札幌雪まつり」に行きました。

そして、思っていた以上に、楽しんでしまいました。

私はほとんどの場合、当日になると、腰が重くて中止にすることが多いのですが…

今回は、違いました。

なぜかというと…

「期限」があったから

それは、雪まつりには、「期限」があったからです。

「来月、時間空いたときでいいや」は通用しません。

雪まつりは、シーズンがありますからね。

今回を逃したら、次に見れるのは来年です。

  • 他の用事ならいつでもできるけど
  • 雪まつりは来年まで見れない

この事実だけで、動きました。

限定性の力

これが、限定性の力ですね。

  1. 限りがある
  2. 今を逃せば、しばらく手に入らない

という”限定性”は本当に強力なんだなと、思い知らされました。

これは、「フロントセミナー」でも、全く同じですね。

セミナーでも同じ

セミナーで商品を買ってもらうには、限定性の要素はキーとなります。

限定性の力を使うことができれば、

「なぜ、今買う必要があるの」

とう疑問に答えられます。

さきほどの、雪まつりと同じ考え方です。

セミナーで伝える限定性

セミナーの最後で商品を案内する際に「限定性」を演出すればいいんです。

やり方は、さまざまですが、

  1. 日程に限りがある
  2. 人数に限りがある
  3. 期間限定

こんな感じで「限定性」を演出します。

限定性+緊急性

さらに、

「ライバルも参入してきて、乗り遅れてしまいます」

という、緊急性を訴えてもいいでしょう。

要するに、「なぜ、今買う必要があるの」に徹底的に答えます。

まとめ

先送り癖をどうしたら、取り除けるか。

ここを考えることは、セミナーに限らず、あらゆる部分で重要です。

「今しかない」と思ってもらうこと。

ここが、キーポイントです。

この意識が薄れそうになったら、雪まつりの話を思い出してみてください。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ