知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

selective focus photo of hanging papers on clothes line

たった4通?ウェブで商品を確実に売るためのステップメール入門

「ステップメールの書き方がわかりません」

これは、お客さんからよく聞く質問です。

ステップメールとは、

  • あらかじめ作っておいた数通のメールが
  • 登録者に向けて
  • 自動で配信される仕組み

のことです。

このステップメールを、「どんな順番で書けばいいか」と迷う方は多いんですね。

この順番であれば、自動化も難しくありません。

ヒントはみんな大好きな「カレー」

ステップメールを書く上で覚えておいてほしいことがあります。

それは、「カレーを作るように書きましょう」ということです。

「カレー」と「ステップメール」の共通点はなんだと思いますか?

思い出のお母さんの味と言えば?

定番の答えは、カレーだと思います。

私の場合は、両親とも仕事で忙しく、正式なお袋の味はホットモットの唐揚げ弁当でしたが…(笑)

でもそんな私でも、温かい手料理を食べる機会はよくあったんです。

それは、祖母の手料理です。

祖母の作る「カレー」

祖母宅では、毎日美味しい手料理が振る舞われます。

祖母の料理はどれも絶品で、私は必ずどんぶり飯2杯はおかわりしていました。

中でも、大好きだったのは、「カレー」です。

とにかく好きすぎて、翌日のカレーの残りをパンにかけて、チーズを乗せて食べました。

祖母直伝のレシピ

祖母のカレーがあまりに美味しすぎるので、「これは自分でも作れるようになりたい」と思いはじめます。

高校2年生の時に、祖母直伝のカレーがレシピを教えてもらいました。

そのカレーレシピを武器に、学生時代は多くの友人の胃袋を掴むことができました(笑)。

友人の中には、「こんなの俺にも作れるよ」と豪語する人もいたので、実際に作ってもらいました。

カレーの具材的に、到底マズいものにはならないので、普通に食べることはできました。

でも、満足はしませんね。

どことなく、いまいちなんです。使っている具材は一緒なのに、です。

同じ具材なのに、なぜ味が違う?

この経験を今ふと思い出すと、原因は明らかに分かります。

同じ具材で作ったのにも関わらず、味に差が出てしまう原因なんでしょう。

それは、「順番」です。

  1. 調味料を加える順番
  2. 具材を炒める順番
  3. 水を加えるタイミング

全て適切なタイミングが重なった上で、おいしい肉じゃがができる。

考えてみれば、当たり前すぎることですが、この「順番」で、全体の質が変わってしまうならそうしますよね。

おいしく作れたのは、「センス」ではない

「料理のスキルは皆無なのに・・・」

私が、おいしい肉じゃがを作れた理由は、特別な「センス」があったわけではありません。

もちろん、正しい順番で調理をやったから、成果物の出来がよかったわけなんですが…

実は、調理中は順番なんて、少しも意識していませんでした。

「じゃあなんで、何となく作って、あんなにおいしい肉じゃがが作れたんだろう?」

ただ、「真似」をしただけ

考えてみると、たった1つの答えが浮かび上がりました。

それは、特別なスキルではありません。

単に、祖母の「真似」をしただけです。

お肉を炒めるタイミング加える調味料など、全部祖母の料理姿をこの目で見ていただけなんです。

真似をしただけで、祖母と同じ肉じゃがを作れました。これは、当然な事ですよね。

祖母という「モデル」の存在

祖母という真似するべきモデルがいたおかげで。

だから、正しい順番でできたんです。

私もゼロベースで肉じゃがを作ったら、犬でも食べてくれないものになっていた危険性もあります。

でも、「何となく」でおいしいものができた。

お手本があれば、初心者でもできる

お手本があれば、それを真似るだけで、何となくできてしまうのです。

少なくとも、自己流の人よりかは断然良いものができます。

これは、私たちの日々のマーケティングでも同じことですよね。

順番は基本的にどの部分でも大切になってきます。

ウェブマーケティングでも同じこと

特に順番を意識しなければならないのは、ステップメールではないのでしょうか。

冒頭にもお伝えした通り、ステップメールは、予め決めたシナリオが自動で配信されます。

そうすることで、見込み客のお客さんを教育する仕組みを、簡単に作り上げることができます。

しかし、教育と一言で言っても、難しいですよね。

だから、「順番」が必要なのです。

ステップメールも、真似するだけ

肉じゃがと同じで、ここの教育も自己流で行うと、いまいちになってしまいます。

しかし、しっかりとしたレシピがあれば別です。

何となくでも、真似するだけで質の高い成果物ができます。

順番が命取りになる

ステップメールであれば

  • 1通目に〜を送る
  • 2通目以降は〜を送る
  • 最後のメールでは〜について送る

といった、伝える順番が大事な部分です。

正しい順番で行えば、あなたの商品を喜んで買ってくれます。

ステップメールと料理はすごく似ていますよね。

ステップメールは何通送る?

では、具体的にステップメールの順番について見てみましょう。

ご安心ください。ステップメールは意外とシンプルです。

ステップメールというと、14通とか21通とかの大ボリュームものを想像しますね。

もちろん、ボリュームを多く書くという選択肢もあります。

数ではなく、順番

しかし、ステップメールの目的は、正しい順番での教育ですね。

正しい順番で教育できていれば、メールの数は問題ではありません。

教育ツールとして、きちんと用をなしていればOKなわけですね。

(参考:集客できるLINEメッセージの使いこなし方

祖母のカレーと同様、ステップメールにも順番があります。ここさえ覚えておけば大丈夫です。

たった4通!ステップメールの「レシピ」

では、ステップメールのレシピをお伝えします。

以下4通です。

  1. ターゲットのお客さんが思い込んでいること
  2. その思い込みが巻き起こす問題
  3. 思い込みを覆す自社のアイディア
  4. 商品・サービスの案内

こちらの順番で、ステップメールを書けば、論理的にも理解しやすいです。

「売る」ことではなく、「お役立ち」

ステップメールの役割は、

  • お客さんが
  • 問題を引き起こさないための
  • 手助けとしての商品

ということになります。

商品を売るのではなく、解決法や体験を売るということですね。

特に、特別な書き方は必要ありません。

まずはこの方法で、4通作って見てくださいね。

まとめ

こちらを読んだ方は、「え」!!少なっ!」と思わず目を丸くしたと思います(笑)。

でも、この4通でいいんです。

4通を書いた上で、必要があればカスタマイズするという意識でいてください。

カスタマイズの方法としては

  • リマインドのメールを送る
  • 動画を組み込む
  • 内容をまとめた総集編を送る

というものですね。

ぜひ、ステップメールを構築してみてくださいね。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ