知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

pexels-photo-285814.jpeg

ランディングページでは、この2つを比較してABテストしてみよう

ウェブ集客で成果を出すには、ABテストが重要。

これは、よく聞く話ですね。

勉強されている方ほど、聞いたことがある言葉だと思います

でも問題は、「どの部分をテストするか」と言うことです。

最も重要なランディングページ

特に成果を左右する、ランディングページです。

決済や申込みをしてもらうためのページなので、しっかりテストを行う必要があります。

では、どのような項目をテストすればいいのでしょうか。

ランディングページでのテスト項目

ランディングページで効果検証する際、見ておくべきポイントは以下です。

  1. キャッチコピー
  2. ヘッダー画像
  3. 申込ボタン
  4. ベネフィット
  5. 価格
  6. 特典
  7. 保証

【ベネフィット〜保証】までの4項目は、「オファー」と言われています。

オファーは、提案条件の事なので、理想の結果を大きく左右する項目です。

キャッチコピーとオファーが優先

テストでも本番でも、見込み客に一番見られるのは、「キャッチコピー」です。

この「キャッチコピー」は、ヘッダー画像に含まれていますよね。

なので、ヘッダー画像の制作時も同時に、「キャッチコピー」大切なポイントになります。

オファーについても、

  1. 何を、提示したら
  2. どんな、反応が伸びたのか

この2点をしっかりと記録しておく必要があります。

テストするのは、1つずつ

テストする際の注意点として、

すべての項目を「一気にテストしない」ということです。

  • キャッチコピーを2パターン用意したら、
  • 「キャッチコピーだけ」テストする

必ず、「1つずつ」テストしていきます。

そうでなければ、キャッチコピーの効果を計れませんからね。

このテストを行う時の費用も最低限で、最適な期間でテストをしましょう。
一般的には2週間と言われています。

たった2、3日では思ったようなテスト結果は得られないからですね。

まとめ

何が正解かなんていうのは、実際にやってみないとわかりません。

はじめからテストで理想の結果を求めてしまうと、広告がギャンブルになってしまいます。

だからこそ、お客さんに、直接聞くしかないんです。

テストをすることで、反応がわかります。

反応がわかるということは、世の中にあなたのキャッチコピーが求められているものなのかがわかります。

あたたが売りたいものを提案するのではなく、見込み客が欲しいと思われるものを、サクッとと出して、検証しましょう。

そのほうが、早く結果が出ますよ。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ