知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

【自作がおすすめ】ホームページもランディングページもDIYしよう

いつも、ひとりビジネスの方々と色んな話をしています。接客、マナーや教育、求人など、みなさん悩みは尽きません。

その中でも、ウェブ関連についても少なくありません。

その中で、「ホームページはあるけど、管理はしていない」というものがあります。

作ったはいいけど、そのまま放置。

「あるある」ですよね。

ひとり経営者あるある

自分の商売の手綱は、自分で握りたい私としては、ちょっと信じがたい。

ですが、これは「あるある」です。

業者に依頼して、ホームページを作ってもらったけど、詳しいことはわからない。

大体のケースで、「WordPressを使ってるらしい」ということは、知っています。

けれど、ログイン情報等は、知らない。本当に多いんですよね。

もしくはログインはしたことあるけど、最近はちょっと。

家を買ったのに、鍵をくれない?

これからストレートに、そのままをお伝えします。

WordPressのログイン情報を教えてくれない業者になど、依頼するべきではありません。

家を買った(借りた)のに、鍵をくれない業者など、ありえないでしょう。

家に入ることが、できません。

家に入れないのと、まったく一緒

それと、まったく一緒です。

大げさには言っていません。

まったく、一緒です。

問題のボトルネック

この場合、問題のボトルネックは、「業者の選び方」ではありません。

そもそも、外注するステップを、間違っていることが考えられます。

「ログイン情報を含めて、サイトの細かいことを知らない。」

ということは、最初から自分で、管理しようとしていないからです。

間違った外注の手順

おそらく、外注の手順は、こうでしょう。

  1. 外注する
  2. できあがる
  3. はい、おしまい

このやり方は、間違っています。

間違っているというか、ゴールがズレています。

正しい外注の手順

正しい外注の手順は、こうです。

  1. まずは、自分でやる
  2. できないところだけ、外注する
  3. その後も、自分でやる

内容や順番は、もちろん同じです。

これができないとか、苦手とか言っている場合ではありません。

自分でやることが大前提です。自分の商売ですからね。

「自分で管理する」ことが前提か

一番の違いは、「自分で管理する」ことを前提としているかどうかです。

ウェブに限らず、自分の商売の手綱は、自分で握りましょう。

安易に、自分の商売の手綱を、手離さないようにしましょう。

自分の商売の手綱は、自分で握る

できないところだけを外注することで、費用を削減することもできます。

それに、ゆくゆくは外注しなくても、自分で管理できるようになります。

  • 自分の商売の手綱は、自分で握ること
  • 安易に、自分の商売の手綱を手離さないこと

もう少し、詳しく話をしていきましょう。

ランディングページでも一緒

なので、先ほどの正しい外注化のステップ。

これは、例えば、「ランディングページ制作」でも、同じです。

  1. まずは、自分でやる
  2. できないところだけ、外注する
  3. その後も、自分でやる

ひとり経営者の外注ステップは、この流れは大事ですよね。

自分の商売の手綱は、自分で握ることが前提

なぜでしょうか?

自分の商売の手綱は、自分で握ることを前提としているからです。

  1. 「作って、はい終わり」
  2. 「ログイン情報を、知らない」
  3. …etc

なんて、考えられません。

何度も言いますが、自分の商売の手綱は、自分で握りましょう。

ランディングページの外注ステップ

ランディングページ制作においては、こんな感じの外注ステップとなります。

  1. まずは、自分でランディングページを作ってみる
  2. 技術の必要な画像などだけ、外注する
  3. 要素を当てはめて、自分でランディングページを作る

あくまでも目的は、「自分で、管理する」ということです。

自分の商売の手綱は、自分で握るということ。

外注するとしても…

ランディングページを構成する要素は、大きく分けると

  1. 文章
  2. 画像

に、分けられます。

文章は、ウェブに詳しくなくても、書けます。

ですが、画像となると難しいかもしれません。

なので、外注するとしても、この部分だけ、外注すれば良い。

どこを、外注すべきか?

そうすれば、業者に依存することなく、自分で管理することができます。

ウェブ集客がうまくいっているところは、自社管理と外注を上手に使い分けています。

あなたも今一度、「どこを、外注すべきか」、考え直してみることをおすすめします。

まとめ

  1. まずは、自分でやる
  2. できないところだけ、外注する
  3. その後も、自分でやる

ひとり経営の外注ステップにおいて、この流れは大事です。

自分の商売の手綱は、自分で握ることを前提としているからです。

自分の商売の手綱は、自分で握りましょう。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ