知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

silver macbook on white table

【よくある間違い】ステップメールのコツは、売らないことです

どうも、岩崎です。

LINE公式アカウントのステップメールが無料で開始していますが、使っていますか?

挨拶文を考えて、次はサービスを提案したい。予約を取りたい。店舗系ビジネスをされているのであれば、誰もがやりたいと思っています。

ステップメールはどのように書けばいいの?

ステップメールは何通くらいが効果的なの?

これは、セミナーや勉強会でよく受ける質問です。
(ステップメールとは、あらかじめシナリオを設定しておくと、決められた日時に自動的に配信される仕組みのことです)

この質問に答える前に、確認しておきたいポイントがあります。

ステップメールは、やるべき?

ステップメールは集客に有効か?

「ステップメールはやったほうがいい」と言うところはたくさんあります。

でも、どれくらいの効果があるのでしょうか?

どの程度の効果があるのでしょうか?

ステップメールを送るだけでは、効果はない

残念ながら、自動配信メールを送るだけでは、商品やサービスを売ることはできません。

せっかくメールの文章に工夫を凝らしても、読んでもらえないケースも少なくありません。

読んでもらえなければ、当然ながら売れません。

売れるために、必要なこと

では、販売につながるステップメールはどのように書けばいいのか。

答えは簡単です。

ステップメールを営業ツールとして考えないことです。

売るためではなく、信頼を築くための手段だと考えてください。

例えば、ステップメールを7通送ったとします。

普通、その7通のメールの中で、商品を売ろうとしますよね?

もちろん、提案することは必要ですが、それがメインではありません。

ポイントは、「無料オファー」

ここで覚えておいていただきたいのは、無料オファーの概念です。

無料オファーとは、見込み客の連絡先を得るために提供する情報や商品のことです。

これを無料であげるから、そのかわり連絡先を教えてね」という感じです。

(参考:濃い見込み客を集める無料プレゼントの作り方)

ステップメールの書き方は、こう考える

ステップメールの書き方はとてもシンプルです。

まずは、無料オファーを使ってもらうことです。

これに集中しましょう。

売ることばかり考えずに、ちゃんと無料オファーを使ってもらうことを優先しましょう。

ステップメールは、何通がいいの?

ステップメールが何通が理想的か。

答えは、何通でも構いません。

無料オファーをきちんと使ってもらって、信頼関係を築けていればOK。

何通送るかなんて、関係ありません。

・無料オファーを、ちゃんと使ってもらう
・商品やサービスを選ぶときの判断基準を伝える

ここが、めちゃくちゃ重要です。

ステップメールで売れない?

「じゃあ結局、ステップメールで商品が売れないの?」

と感じた方もいるかもしれません。

大丈夫です。メルマガという手があります。

メルマガで販売すればいい

メルマガは、ステップメールと違い、その都度書いて送る形式です。

ステップメールで情報提供を行ったら、その方たちは読者になってくれます。

要は、いつだって、提案機会はあるってことです。

売り急ぐことはありません。

売れるなら、ステップメール上で売ったほうがいいですが、売れなくても心配無用。

定期的なメルマガでの接触の中で、ちょっと提案してみてください。

まとめ

ステップメールは、手段です。

送ることが目的ではありませんよ。

目的は、信頼関係を構築していくものです。
あなたが何をしている人なのかを知ってもらう事です。

あなたのサービスを試してもらう事です。

試してもらって、いいなと感じてもらえなければ、誰も買ってくれません。

ぜひ、今回のポイントをもとに、ステップメールを活用してみてみてくださいね。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ