知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

ランディングページを作れない2つの原因と解決方法

ツールを使えば、ウェブ集客を実践できるようになります。

ランディングページも、例外ではありません。

ランディングページとは、要するに、「集客用ページ」のことです。

  1. リード獲得用のランディングページ(メルマガ・資料請求等)
  2. セールス用のランディングページ(商品・サービス販売)

の大きく2つの種類があります。

ウェブ集客における肝心要のメディア

簡単にいうと、

  1. リード獲得用ランディングページ = 無料の案内をするもの
  2. セールス用ランディングページ = 有料の案内をするもの

となります。

この「ランディングページ」は、ウェブ集客における肝心要のメディアです。

アクセスの「垂れ流し」を防ぐ

  • ブログ
  • YouTube
  • SNS
  • …etc

でアクセスを集めたとしても、基本的に広告収入以外では、売上や収入には結び付きません。

無料にしても、有料にしても、アクセスした人に、何かしらの案内をする必要があります。

でないとその人は、そのまま去ってしまいます。

つまり、せっかくのアクセスが、「垂れ流し」になってしまうということです。

その「垂れ流し」を食い止めるのが、ランディングページです。

ランディングページは、「必須」

また、

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • Facebook広告

などのウェブ広告でも、ランディングページは必須です。

「案内が、何もない広告」など、考えられないのは言うまでもありません。

私のようなひとり経営者に、そんな広告を出稿する余裕だってありません。

あったとしても、月に3万円が限界でしょう。

ランディングページは、「レジ」

このようにランディングページは、

  • ブログ・YouTube・SNSなどのメディア
  • リスティング・ディスプレイ・Facebookなどのウェブ広告

いずれにおいても、肝心要のメディアです。

よく私は、「ランディングページは、レジです。」と言っています。

  • スーパーにレジが無ければ、品物は買えません
  • ランディングページが無ければ、集客はできません

レジの無いスーパーは、ありません。

同じように、ランディングページのないウェブ集客も、ありません。

ランディングページを用意できない2つの原因とは?

ウェブ集客における、肝心要のランディングページ。

でも実は、用意できていない人って少ないんですよね。

その原因は、大きく2つあります。

  1. 文章を、書くことができない
  2. ページを、作ることができない

の2つです。

原因1:文章を、書くことができない

「文章を、書くことができない」というのは、要はコピーライティングの問題です。

  • 何を書けば良いのか、分からない…
  • どのような構成を組めば良いのか、分からない…
  • 効果的な訴求方法が、分からない…

といったことがハードルになって、文章を書くことができません。

この問題を克服する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

そうすることで、コピーライティングを抑えた文章を書くことができるようになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

原因2:ページを、作ることができない

「文章を、書くことができない」というのも、ハードルではあるでしょう。

ですが、テンプレートを活用することで、乗り越えることができます。

より根深い問題は、「ページを、作ることができない」のほうでしょう。

「文章を書く」こと自体は、ある程度、誰でもできます。

ですが、「ページを作る」となると、専門的な知識が必要になってきます。

これまで、多くの人が、この部分で、つまずいていたのです。

  • HTMLなんて、わからない…
  • CSSも、よくわからない…
  • ましてや、JavaScriptなんて…

横文字の、専門用語のオンパレード。

ハードルが高く感じるのも、無理もありません。

しかし、今やそんな状況も変わりました。

ランディングページが作れるツール

誰でも、簡単に、ランディングページを作れるツールが、たくさん出てきました。

たとえば、「ペライチ」

ペライチを使えば、誰でも、簡単に、ランディングページを作ることができます。

「ペラ1枚の、ページを作ることのできるツール」で、「ペライチ」

わかりやすい、ネーミングですよね。

HTML・CSSいらず

一般的に、ランディングページを作るとなると、

  • ドメイン
  • サーバー
  • HTMLの知識
  • CSSの知識
  • …etc

といったものが、必要になってきます。

HTMLやCSSはいわゆる、プログラミング言語のことです。

なんとなく、ハードルがありますよね。

パソコン初心者でも大丈夫

ペライチは、そういったプログラミングいらずで、ランディングページを作ることができます。

  • 見出し
  • ボタン
  • フォーム
  • …etc

などの各要素を、直感的に操作することで、ページを作れるのです。

デザインテンプレートも、豊富に用意されています。

指1本で、キーボードを打っているようなパソコン初心者。

そんな人でも、簡単にランディングページを作ることができるツールのひとつです。

あとは、実践あるのみ

さて、これで

  1. 文章を、書くことができない
  2. ページを、作ることができない

というランディングページにおける、2つの課題の解決方法が分かりました。

あとは、実践あるのみです。

実践しながら、本なども参考にしてみるといいかもしれませんね。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ