知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

【WordPressの引っ越し】All-in-One WP Migrationプラグインのご紹介

どうも、いわさきです。

つい最近、WordPressの引越しをするには、どうしたらいいの?

こんな話があったので、今回紹介させていただきます。

WordPressの引っ越し作業をするとなると、サーバーやデータベースの知識が必要です。

WordPressはシステムなので、通常のHTMLでのサイトとは違い、かなり複雑です。

FTPでWordPressファイルをアップロードしたり、データベースの情報を変更したりと、一歩間違えばサイトが表示されないこともあります。

今回は、そんなWordPress間の引っ越し作業を簡単にできるプラグイン「All-in-One WP Migration」をご紹介します。

All-in-One WP Migrationでデータをエクスポート

まずは、導入方法から説明します。

WordPressの管理画面から、「プラグイン > 新規追加」をクリックし、「All-in-One WP Migration」をコピペし検索をすると、簡単に見つけられます。

「今すぐインストール」をクリックし、「有効化」も忘れずに行ってください。

有効化すると、WordPressの左メニューから「All-in-One WP Migration」と表示されるので、そちらから「エクスポート」をクリック。

すると、エクスポート画面に「エクスポート元」というボタンがあるので、そちらをクリック。

  • ファイル
  • FTP
  • DROPBOX
  • GOOGLE DRIVE
  • AMAZON S3
  • ONEDRIVE

と表示されるので、「ファイル」をクリックし、データをダウンロードします。

All-in-One WP Migrationでデータをインポート

ダウンロードしたファイルは、必ずとっておいてください。

新規WordPressにログインし、そっちのWordPressにも「All-in-One WP Migration」をインストールし、今度は「インポート」をクリックします。

あとは、次の画面で「バックアップをドラッグ&ドロップしてインポートする」にダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップし、アップロードするだけです。

ポップアップが表示されたら、「完了」をクリックしてください。

※注意点として、無料プランは512MBまでしかインポートできません。それ以上は、有料で契約してください。

「完了」をクリック後、しばらく待つと、引っ越しは完了します。

実際にやってみると、とても簡単なんですよ。

引っ越し以外にバックアップとしても使える

今回は、WordPressの引っ越しという事で解説しましたが、バックアップでも使用できます。

バックアップ系プラグインは、複数ありますが、その中でもダントツでわかりやすいです。

ですので、バックアップ目的でも使用してみてください。

  • エクスポート→バックアップ
  • インポート→不具合があった際の復元

となります。

以下で解説しているプラグインとも併用しておくと、より何があって安心な状態となります。

バックアップは重要

バックアップは、WordPressを利用する上で重要です。

これは、自分で実践する場合もそうですし、制作会社に作ってもらった場合も同じです。

ID、パスワードは必ずどのような場合であっても、教えてもらうようにしてください。

自分で自分のサイトを守る意識がとても重要です。

まとめ

今回は「All-in-One WP Migration」プラグインについてご紹介しました。

WordPress間の引っ越しは、こちらの方法がおすすめです。

覚えておいてソンはないので、ぜひ引っ越し際はこのプラグインを使ってみてください。

ではまた。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ