知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

「あなたから買う理由」を伝えて、セミナー営業の成功率を上げよう

セミナー営業をやる、ひとりビジネスは多いですよね。

  • セミナーを開催して
  • 商品・サービスを販売する

このような方法は、たしかに有効です。

セミナーで商品が売れない…

しかし、多くの方が、もう一歩のところで、セミナー営業に失敗します。

  • ちょっと検討します
  • ほかも見てみたいです
  • 現在、他のサービスを利用中なので…

セミナーで一生懸命話したのに、購入にはつながらない。

こんな状況は、さるべく避けたいですよね。

売れない要因

先ほど説明した

  • ちょっと検討します
  • ほかも見てみたいです
  • 現在、他のサービスを利用中なので…

このような理由で、購入につながらない場合。

あるポイントが、欠けている可能性があります。

それは、

「あなたから買う理由」

を説明できているかということです。

似たような商品・サービス

セミナーをやる上で、これは、かなり重要です。

今は、似たようなサービスがたくさんありますよね。

  1. 似たような商品
  2. 似たようなサービス
  3. 似たような価格
  4. 似たような特典
  5. 似たような保証内容

これじゃもう、選べないないですよね。

みんな揃って、似たようなメッセージを伝えています。

なんで、あなた?

誤解を恐れずに言えば、別に、「あなた」じゃなくてもいいわけです。

似たようなサービスがたくさん中、

「他でもない、あなたにお願いしたい」

と思ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

自己紹介がポイント

最も取り組みやすいのは、「自己紹介」です。

自己紹介で、「他でもない、あなたにお願いしたい」と思ってもらう。

自己紹介の役割は

  1. 共感を得ること
  2. 信頼を得ること

です。

「証拠」を示す

自己紹介と合わせて、意識したいポイントがあります。

それは、「証拠」です。

「他でもない、あなたにお願いしたい」

このように強く思ってもらうには、証拠が必要なんです。

2つの「証拠」

証拠といっても、大きく2つあります。

  1. 自分の証拠
  2. お客さんの証拠

です。

より強力なのは、「2.お客さんの証拠」になります。

もちろんですね。

証拠+○○で、さらに強くする

さらに、、、

ここで、証拠の効果的な使い方をお伝えします。

単に証拠を並べて、「どう?凄いでしょ」でも、十分効果的です。

そして、証拠は、あるものと組み合わせると、より強くなります。

それは、「ベネフィット」です。

  1. ベネフィット
  2. 証拠

という、組み合わせです。

証拠を伝える順番

伝える時の、順番も大切です。

  1. こんなことが得られますよ
  2. 証拠はこれです

という順番で話すと、間違いなく効果があります。

誰でも、おいしい話ってのは、ブレーキがかかります。

「理想を言えばそうなりたいけど、本当にそうなるの?」

これが本音です。

なので、証拠を提示します。

これを実践すれば、「あなたから買う理由」を見つける事ができます。

まとめ

今回は、「あなたから買う理由」の伝え方をまとめてみました。

  1. 自己紹介を工夫して
  2. ベネフィットを伝え
  3. その証拠を示す

このようなポイントでしたね。

ぜひ、今回の内容を実践して、

「他でがなく、あなたにお願いしたい」

と思ってもらいましょう。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ