知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

crop woman using smartphone and laptop during work in office

あなたがマーケティングをやるべき理由と絶大なメリット

マーケティングは経営者にとって重要な仕事です。言い換えれば、経営者であると同時にマーケターである必要があるということです。

「忙しいから」「できないから」という選択肢はありません。今回は、マーケターになるための意識改革のポイントをお伝えします。

あなたがマーケティングをやるべき理由と絶大なメリット

この動画では、あなたがマーケティングをやるべき理由と大きなメリットについて、解説します

マーケティングって何?

まずは、マーケティングの定義ですね。

そもそも「マーケティングとは何か」という定義を共通の意識として、持ちたいなと思います。

マーケティングというと、たとえば市場調査とか、結構大きなものっていうのを想像しますよね。
でも、実は私たちのような、個人事業主くらいの規模の場合の方がめっちゃ効果的なんです。

それで一番しっくりくるのは、有名なピータードラッカーですね。
ピータードラッカーが言っている、マーケティングの定義っていうのが一番わかりやすいいんじゃないかなと思います。

「マーケティングの理想は、販売を不要にする」ということを言っていて、これを「マーケティングの定義」としています。

これなら、わかりやすいんじゃないかなと思います。

つまり、優れたマーケティングをすることによって、売り込まなくても済む。
「そんなにすごいの?」って思うかもしれませんが。
厳密には、セールスを全くしなくて済むという訳ではないので、不要にするという訳ではないんです。

最終的にはクロージングは絶対に必要です。

要は、過剰なセールスとか、無理やり売りつけるとか、こういうのも必要がなくなり「セールス効率を上げる」っていうことですね。

という意味で捉えていただくと、一番しっくりくるんじゃないかなと思います。

つまり、マーケティングというと、どうしても、特に職人の方とかっていうのは嫌がるケースが多いんですね。
写真家もそうですよね。プロ意識が高ければわかると思います。

ただ、「押し売りなんかしてねーよ」とか、
「売るためのことはやりたくない」と言う方も結構多いんですけど。

これはすごく誤解ですね、押し売りをしたくないんであれば、
尚更マーケティングっていうのは、勉強した方がいいということですね。

なぜかというと、ここに書いてあるように、
「マーケティングというのは、むしろ押し売り要素のある販売を不要にするもの」だからなんです。

あなたのサービスをしっかりと伝えて、あなたのサービスを必要としている人にしっかりと届けて、あなたのサービスのクオリティを上げる。
そのために、マーケティングをやるということですね。

なので、自分のサービスとか商品に愛着があればある程、マーケティングっていうのはしっかりやってくださいということですね。
その方が、あなたも当然喜ぶし、お客様も喜ぶということです。

つまり、まとめると、「売上を効果的に作るための活動」だという意識でいていただければいいんじゃないかなと思います。

 

写真マーケティング実践会
写真マーケティング実践会
あなたがマーケティングをやるべき理由と絶大なメリット
/
記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ