写真マーケティング実践会で得られるもの

会員限定の記事や動画の講義を見ることができます。現在7つのカテゴリがあり今後も増やしていきます。これらをすべて無料で見ることができます。

これからやってみたい!けど、Facebook広告とGoogle広告の違いって何?

どうも、岩崎です。

「ウェブから広告を出したいけど、Facebook広告とリスティング広告の違いがわからない。」

今回はこんなお悩みをお持ちのあなたに向けて、ウェブ広告で有名なFacebook広告とGoogle広告のリスティング広告の違いについての話をします。

また、この2つの広告のどちらを使った方がいいのか迷ってしまう方も多いと思います。

これからウェブ広告をやってみようと思っている人に向けて、初歩的なこの2つの広告の違いを理解しましょう。

2つのウェブ広告の違いとは?

Web広告で有名なのは、Facebook広告とGoogle広告です。

Google広告にはいくつかの種類がありますが、有名なのはリスティング広告とディスプレイ広告です。

この記事では、リスティング広告を参考にしています。(こちらの方が有名だから)

この2種類の広告の違いを説明します。

Facebook広告とは?

まず、Facebook広告について説明します。

Facebook広告とは、皆さんが毎日見ているFacebookのニュースフィードに表示される広告のことです。

Facebookを見る目的は、たいていの場合、友達の投稿を見たり、自分が「いいね!」と思ったFacebookページを何気なく見たりすることですよね。ほとんどの場合、Facebookを見る目的は、友達が投稿している内容を見たり、自分が「いいね!」と思ったFacebookページを何気なく見たりすることです。

広告のためだけにFacebookを開くことはありませんよね?

だから、たまたま興味を持った広告をクリックするのが一番自然な行動なんです。

ちょっと気になっていた問題や、あまり意識していなかった事、表面的には気づいていなかった事に気になって、広告をクリックするのです。

一方、以前から気になっていたセミナー講師や美容室などの広告の写真を見て、すぐに広告をクリックするユーザーもいます。このように、広告をクリックするユーザーがいるわけです。

Facebook広告を使えば、このような潜在的なユーザーにアプローチすることができます。

リスティング広告とは?

一方、リスティング広告は、Googleの検索結果に広告を掲載するものです。

疑問点や何か調べたい時に、Googleで検索していて、
そのGoogleの検索結果の一番上に広告が表示されているのを見たことがあると思います。

広告が上位に表示されれば、ユーザーの目に触れることになり、ウェブページへの流入が期待できます。つまり売上が見込めるわけです。

検索エンジンで検索したユーザーにあなたの広告をみせることができます。

時間のかかるブログ記事のSEO処理をショートカットすることができます。上位表示に必要な時間をお金で買っているようなものです。そしてこちら方がより具体的な方向性を掴めることができますよね。

私が思うに、1年間という時間かけて結果が出るかどうかを悩んでいるよりも、3ヶ月で結果がわかった方が遥かにビジネスのスピードが変わります。

この時、広告を出稿するには、ある程度のキーワード選定の知識が必要になります。

キーワード選定の話は、また別の機会にしますね。

Facebook広告とGoogle広告の違い

まとめると、2つの広告の違いは、

  • Facebook広告 → 潜在的なユーザーに対してアプローチする
  • リスティング広告 → 顕在的なユーザーに対してアプローチする

になります。

Facebook広告は、潜在的なユーザー層なので、自分の欲求に気づいていないユーザーです。

リスティング広告は、顕在的なユーザーで今すぐにその商品・サービスがほしいユーザーや、前向きに検討しているユーザーです。

潜在的なユーザー層の方が圧倒的に多いですね。

あなたなら、どっちの広告を使う?

基本的に広告の優劣はありませんが、リスティング広告に比べてFacebook広告は出稿方法や管理画面がシンプルなので、Web広告の初心者には向いていると思います。

初心者向けといっても、機能はかなり充実しているので、将来的にWebマーケティングを実践したいと考えている方は、まずはFacebook広告から始めてみるといいと思います。

正直なところ、リスティング広告から始めると、より戦略的なキーワード選定が必要になり、画面の仕様もわかりにくいので、いきなりは厳しいと思います。

また、顕在的なユーザー層を対象としているので、初心者にはかなり難しく、失敗する確率も高い印象があります。

そうすると、広告代理店などにお願いしたくなる気持ちもわかります。
広告代理店は、あくまでホームページへのアクセスを流すまでが仕事なので、ホームページの設計や売れる商品の提案まではほとんどしてくれません。

外注をするのであれば、どこから、どこまでをやってくれるのかをしっかりと理解してからお願いしましょう。最低限の知識がないと全て丸投げする形にもなってしまいますので。

Facebook広告だけでも十分すぎるほどのマーケティング効果が期待できますので、初心者でも始めやすいという点を考慮して、まずはFacebook広告を試してみてくださいね。

関連記事一覧