知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

advertising alphabet blog close up

Facebook広告とは?Facebook広告の種類とメリットを公開

Facebookを使っているとタイムラインに表示される広告がありますよね?

この広告がFacebook広告です。

Facebookユーザーであれば誰でもFacebook広告を配信できます。

Facebookページはもちろん、Facebookで作成したイベントなどの広告や、ご自身の持つラ ンディングページなどの外部サイトに対して広告を掲載できます。

Facebookは実名登録のSNSですので、個人に 対する詳細かつ膨大なデータベースが蓄積されています。

その質の高いデータベースを利用して、ターゲットを詳細に絞り込んで広告が出稿できるわけです。

Facebook広告で何ができるの?

ではそもそも、Facebook広告を使うとどんなことができるのでしょうか?

Facebookの膨大かつ精密なユーザーデータを生かして広告を出稿する5つの方法についてご紹介します。

1.Facebookページの「いいね」を増やす

こちらは宣伝を行いたいFacebookページヘのいいねを増やす広告になります。

ページを作成したばかりの時は、どうしてもページ自体の露出度も高くないので「いいね」は集まりません。

広告をガンガン出して、商品・サービスを 売っていくのであれば「いいね」の数はあまり影響しません。

しかし、Facebookでセミナー の告知をしたい場合や、商品・サービスの宣伝を行いたい場合はFacebookページヘの「いいね」の数が多くないと情報のリーチ数、拡散数は少なくなってしまいます。

2.Facebookページの投稿の表示を増やす

投稿の広告とも呼ばれることがあります。

Facebookの投稿というものは、投稿したからといって、例えあなたのページヘ「いいね」をしているユーザーでも、全員に投稿が表示されるとは限らないのです。

なので、投稿をしたからといって安心してはいけません。 投稿に「いいね」をしているユーザー全員に届けるのに便利なのが、投稿の表示を増やす広告です。

投稿の表示を増やす広告を出していけば自然と「いいね」も増えていくので言う事なしです。

3.Facebookイベントの案内をする

こちらはあまり使う機会は少ないです。

というのも、Facebook広告でセミナー集客している写真家の方のほとんどは、ランディングページを持っているからです。しかし設定自体は簡単にできるので、試す価値はありです。

4.Facebookページの動画投稿の表示を増やす

動画を使って宣伝するのが得意な方には、もってこいの広告配信手法でしょう。

FacebookはYouTubeに負けじと動画に力を入れています。 動画を広告に盛り込んでいくことは、ユーザーにも注目されますし、文字や画像の投稿が多い中で、動画は目立つので有効です。

5.外部のウェブサイトへのアクセスを増やす

こちらは広告をクリックしてもらい、ランディングページへ飛ばすという手法です。

基本戦略として、直接商品を販売する1ステップマーケティングのパターンと、無料プレゼントを渡して教育してから販売を行う2ステップマーケティングの2種類があります。

最終的な成約率は2ステップの方が高いです。

Facebook広告を使うメリット

Facebook広告は活用している写真家が多いのですが、ではFacebook広告を使うことで得られるメリットは何なのかをここでまとめます。

メリット1:ターゲットが絞り込める

Facebookのデータベースを利用して、詳細にターゲットが絞り込めます。

男性・女性などの性別での分類はもちろん、趣味・関心からも絞り込むことができます。

メリット2:時間・手間が少ない

ブログやYouTubeも集客には効果的ですが、 コンテンツが溜まるまである程度の時間と労力が必要になります。Facebook広告であれば、設定も簡単です。

一度出稿してしまえば、ある程度放置でも効果は出ます。

時間と手間が圧倒的に少ないのもFacebook広告の大きなメリットです。

メリット3:潜在的な顧客にアプローチできる

Facebook広告はフィードに流れ、忘れかけていた課題や悩みを呼び戻してくれます。

潜在的なニーズが掘り起こされるため、より多くの層にアプローチできるということです。

Facebook広告を行うメリットを確認したら、 自社であればどこで使えるかを考えてみてください。

重要なのはターゲティング

Facebook広告のメリットを挙げましたが、最も大事なのはターゲティングです。

広告で成果を出すには、「いかに興味のない人に広告を表示させないか」が重要です。

これ、意外と見落としがちです。

広告を興味のある人だけに表示することができれば、費用対効果も高くなります。

メリット1でも触れましたが、ターゲットが絞り込めるというのは大きなポイントです。

どんな場所に広告を出すのか=配信先のリスト

は、9割決まります。

出し先がマッチしていなければ、魅力的なオファーも秀逸なコピーも無力化します。

個人的には、

  • 手持ちの見込み客リスト(既存客も含む)を整理し、
  • そのリストに向けて出す

ことをおすすめします。

まとめ

Facebookの魅力は、とにかくターゲティングの精度です。

たくさんできることはありますが、まずは手元にある武器を活用して初めてみましょう。

今までの見込み客で、まだ顧客化していない人はいるはずですので、その人達をフォローしていくのが優先です。

Facebook広告で、できることと特性を理解してから使ってくださいね。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ