写真マーケティング実践会で得られるもの

会員限定の記事や動画の講義を見ることができます。現在7つのカテゴリがあり今後も増やしていきます。これらをすべて無料で見ることができます。

専門用語も難しい計算もいらない!マーケティングを理解するには?

こんにちわ、金魚写真家の岩崎です。

専門用語って難しいから、計算の必要としないマーケティングとは?

今回は、
・マーケティングという言葉自体が苦手
・数字の計算ができない
・マーケティング用語などを覚えられない
という苦手意識のある方に、

簡単にマーケティングを理解してもらうための
解説をしていきたいと思います。

本質とは何か?

一度に多くのことを覚えようとすると、普通に混乱してしまいますよね。

それに、
マーケティングといっても
Facebookやメルマガ、YouTube、ブログ、Instagram集客など
いろんな方法があります。

売上をあげるという目標は同じだったとしても、
教える人によって、言うことが微妙に違ったりするし
色んな分野の色んな専門家が色んなこと言っているから
情報がゴチャゴチャに混乱してしまう。

そうなると、
マーケティングは向いていないし
難しいからやりたくないなー
と思ってしまいがちですが、

そうではなくて、
本質は何なのかが大事です。

一度に多くのことをやろうとするのではなく
今、何をしたらいいかをわかっていれば大丈夫。

優先順位

例えば、
車の運転をイメージしてみてください。

東京都から京都府まで車で行くとします。

夜に出発する場合、暗いのでライトを点灯しますよね。

ライトで照らして見える範囲は数メートルで、
大阪までは当たり前ですが、見えません。

だけどこの
数メートル先を照らしていれば
目的地にはちゃんとたどり着きます。

これと同じで、
ビジネスに関してもマーケティングに関しても
全体の流れをある程度理解した上で
今やるべきことが常に正確にわかっていれば
きちんと成果を出していけます。

なので、マーケティングの中の全てを知らなくても
今、全体の中で何をやったらいいのかを
理解してやっていくことが大切
です。

マーケティングを理解する簡単3ステップ

木に例えてみましょうか。

花が咲いて実がなる。

多くの人はこの実をみて、
すごいと感じて、私たちとは違うなーと思います。

だけど、
その花が咲いて実がなるのはなぜかというと、
苗という「根っこ」を育てて、「木」を育てて、「枝葉」を育てていくことで
お花が咲いて「実」になるという結果が生まれるんです。

STEP1. 幹

木に例えて幹の部分を
Instagramマーケティングで考えると

「集客→教育→販売」

と考えます。

例えば、この「集客」の部分が
Instagramですね。

Instagramで販売見込みのあるお客様に「教育」
その人たちにLINE@にきてもらって「販売」になる。

というざっくりした流れが
「集客→教育→販売」です。

これをだとイメージしてください。

STEP2. 枝

ここでいうの部分が、

Instagramで見込みのお客様を集めて
LINEへきてもらう
ということです。

LINEにきてもらうために
魅力的なプレゼントを用意したり
商品の情報やお役立ち情報をお伝えしていきます。

STEP3. 葉

の部分とは、

LINEにきてくださったお客様へ
より具体的で役に立つ情報を公開し
それを販売につなげること
を指します。

この3ステップをやることで
花が咲き実になる=成約となる。

これがマーケティングの解説です。

では、実際にどのように実践していくのか?

関連記事一覧