知ったらやるだけ

知らない事があったら、知ることで理解できます。そしたらあとはやるだけ。

person giving fruit to another

セールス力をアップさせるベネフィットの話し方

今日は、みなさんがセールスをするときの
ベネフィットの考え方についてお話しをしいていきたいと思います。

ベネフィットとは
簡単にいうとメリットのことです。

みなさんの商品を買うことで
お客様が得られるメリットのことですが、

この言葉の意味については知っている人も多いと思いますので
今日は「ベネフィットA/ベネフィットB」という考え方について
お話ししたいと思います。

ベネフィットAを得ることでベネフィットBを得られる

例えば私のビジネスで例えてお話しすると、

ベネフィットA=メソッド
ベネフィットB=安定収益

A:Instagram集客の方法がわかるようになることで
B:安定して7桁の収益を得られるようになる

これが私のお客様であることのメリットです。

その他に例えるなら

メンタルコーチの場合
ベネフィットA=カウンセリングを受けることで
ベネフィットB=毎日心穏やかに暮らせるようになる

ダイエット専門家の場合
ベネフィットA=運動やファスティングなどのメソッドにより
ベネフィットB=健康的な綺麗な体を手に入れられる

という風に、
メソッドがあるその先に、どんな得られるものがあるかを示します。

多くの方は、
自分のお客様になることでどんなメリットがあるのか
というのをお伝えするときに、
Aのメソッドばかりを伝えて終わるパターンが非常に多いです。

自分はこんなことを教えられます。
こんなことをやっています。

そればかりお伝えしても、実は相手は響かない。

きちんとそのメソッドをやることで、
お客様がどういった未来を得られるのかを説明することで
格段に売れやすくなっていきます。

ABよりさらに良いベネフィットC

再度、私のビジネスで例えると

ベネフィットC=
Instagram集客をして安定収益を得られるようになる仕組みをつくって
マーケティングでしっかり収益を得られるようになった先に
このお客様はさらにどうなっていくのか

というのをお伝えすることがベネフィットCです。

このベネフィットCというのは
お客様の層によって全く異なります。

・借金が返せるようになるかもしれないし
・今より豊かな生活を送れるようになるかもしれないし
・ブランドバッグを購入したり派手な生活を送りたいかもしれない
・家事の時間を減らしたいかもしれない
・どこかに寄付したりボランティアしたいかもしれない

なので、
みなさんのところに来るお客様とお話ししてみて、
ノウハウを手に入れて収益を上げたことによって
さらにどういう風になりたいか
というのをしっかりヒアリングすることが大切
です。

タワーマンションの最上階に住んでキラキラした生活をしたい人に
募金の話しをしても響かないです。

家族との時間を大切に過ごしたい人に
会社を上場してもっと収益をあげましょう。
といっても響かない。

自分のターゲットとなるお客様が、
何を望んでいるのか、
それに対してどのような未来をみせてあげられるのかを意識して
お話ししていくことをオススメします。

記事一覧

いわさきじゅん

いわさき写真教室 主宰。主に写真家、ひとり経営者向けにマーケティングなどを教えたりしています。

こちら一緒にどうぞ