写真マーケティング実践会で得られるもの

会員限定の記事や動画の講義を見ることができます。現在7つのカテゴリがあり今後も増やしていきます。これらをすべて無料で見ることができます。

「無料」あらゆる言葉の中で最も強力なフレーズだよ

「無料」という言葉は、最も強力な言葉のひとつ。今回は、「無料」という言葉の効果的な使い方についてご紹介します。

「無料」という言葉を使いましょう

私は何度も何度も、「無料」という言葉が、何かを売るときに最も強力で言葉だということをたくさん経験してきました。

どんな場面でも「無料」という言葉を使うことをおすすめします。

広告の見出し、チラシ、クーポン、パンフレットなど、売込むためであればどこにでも使うことができます。

これほど目に止まりやすい言葉は他にありません。

この言葉を正しく使えば、売り上げはドンドンに伸びていきますよ。

「無料」の使い方

あなたは「無料」という言葉の使い方をいくつ思いつきますか?

  • 無料お試しサービス

どの業界の広告主は、少しでも長く使える最も効果的なオファーとしてこれを選びます。

知らない会社から買ってくれと言われたお客様からすれば、無料体験サービスならお金を無駄にする恐れはありません。むしろ、お金を払う前に商品を手に入れて試すことができるということは、販売に対する抵抗感を大幅に減らすことができます。

無料体験サービスを利用した販売は、前払いのサービスにと比べて2倍以上の反応を得ることができます。

無料体験サービスを提供する価値のある商品であれば、提供期間を決めましょう。

書籍や商品のオファーでは、1日から14日の期間が効果的で、
ソフトウェアのような複雑な製品の場合は、30日以上の期間が必要になるかもしれません。

現役の写真家が行う、写真教室のコースはどうでしょうか?

無料お試しサービスは、色んな理由で、結局購入に至らないものが多いです。

でも、返品率10~25%というのは決して悪くはないんですよね。
売り上げが2倍以上になるのであれば、やってみるには十分に価値があります。

  • 無料サンプル

強力なセールススキルとは、無料サンプルを提供することです。

これは店舗販売でも可能ですよね。私が店舗販売の営業を担当していた時は、チョコレートやアイスクリームの試食をする事で、驚くほどの売上効果を体験しました。

書籍や情報商材の出版では、見込み客が、書類のひな形や契約書のひな型をすぐに使えるように白紙のものを入れておくと、購入するきっかけになります。テンプレートがよくある手法ですよね。

商品のテンプレートが作成できるのであれば、無料で使ってもらうことを意識してみましょう。

特に写真家であれば、ポートフォリオを活用するととてもいいですよね。

ただ、掲載しているだけではなくて、サンプルとして見てもらう意識をしていきましょう。なので、説明文がとても大事になってきます。

  • 無料特典

仮に商品にセールスアピールができる場合、無料特典が最も売上をあげる事ができます。
その秘訣は、商品に興味をそそるものでなければならないのです。

その商品が「見込み客は無料でなくても進んで購入するか?」をよく考えてみてください。

無料特典で売上につながるオファーが準備できたら、この無料特典で効果を発揮するものがないかを調べて、新しい無料特典で、引き続きテストしてみるのもいいですよね。

実は他にもまだまだあります。

  • レスポンスの早い人のための無料特典
  • 3つの無料特典がついてきますよ。というお知らせ
  • 無料情報
  • 無料小冊子
  • 1つ買えば2つ目は無料
  • 初回無料相談
  • 無料テスト
  • 無料の当選賞品
  • 無料特典ポイント
  • 無料コンテスト
  • 最初の1ヶ月は賃貸無料
  • 無料レッスン
  • おかわり自由(無料)
  • 洗車無料サービス
  • オイル交換無料サービス
  • 特別無料レポート
  • CD/DVDを無料でご提供
  • 無料ソフトウェア
  • 無料ニュースレター
  • 高級車を無料でご提供
  • Tシャツを無料でご提供
  • お子様は無料
  • お一人様を無料でご招待

などなど。

この中には、あなたがよく見かけるものもいくつかあったと思います。

このうちのいくつを思いつきましたか?

オファーをさらに魅力的に!

無料特典を受け取るのは嬉しいはずです。

あらゆる言葉の中で最も強力な「無料」という言葉でオファーをよりさらに魅力のあるものにすれば、広告やレターや販売への反響はより大きくなていきます。

何か、販促キャンペーンを計画する前に、必ず自分に次の質問を投げかけましょう。

「自分が手にした、この『無料』という魔法の言葉を使って、最も力を発揮するには、どんな使い方をすればよいだろうか?」

すると、売り上げは伸びていきますよ。

関連記事一覧