写真マーケティング実践会で得られるもの

会員限定の記事や動画の講義を見ることができます。現在7つのカテゴリがあり今後も増やしていきます。これらをすべて無料で見ることができます。

まずは1,000文字でプロフィールを作る

私に文章は基本的にいつも長いんですが、暑苦しい内容だと書く方も読む方もヘバちゃうので今日はライトに。

・今、集客に困っている人
・強みがよくわからない人
・リピート率を上げたい人
・単価を上げたい人
・セールスが苦手な人一つでも該当するなら、次のことをやってください。
「まずは1,000文字でプロフィールを作る」これです。

↑に該当している人の多くは、
「自分の強み」「お客さんに伝えたいこと」が
そもそも言葉として固まっていないってケースが多いです。

自分自身でどう伝えたら良いか固まってないなら、お客さんは理解しようがないですし、スムーズに自己アピールもできません。

で、そういう時って次のケースが多いんですね。

(1)圧倒的に情報量が少ない
(2)他の人と何が違うかが素人にはわからない
(「〇〇が得意」とかっていうけどさ、皆同じようなこと言ってるじゃんってパターン)
(3)内容が難しくて素人には理解不能とりあえず頑張って1,000文字で書こうとすると、しっかり説明しなきゃいけないので(1)だけじゃなくて(2)(3)がすべて解決されやすいです。

先日、ある写真家さんのプロフィールを作りました。最初は原稿を見た時に、特に(2)(3)の状態でした。なので、そこから掘り下げて聞いていきました。

「これって、どういうことですか?」「これって普通は◯◯なんじゃないんですか?」こういう時、業界素人の意見はものすっごい貴重です。

皆さんがやる時は同業者じゃなくて、業界素人の人に意見を求めてください。
業界人じゃない人間からすると、「え、そうなの!?」みたいなことってめちゃくちゃあります。

・ズームレンズの50mmと単焦点50mmの違いとか
・安い撮影スタジオと高い撮影スタジオの違い
・写真家とカメラマンの技術の違い全部、私が過去に初めて聞いて驚いたことばっかりです。

これを聞いたら「良くない方」にはもう怖くて行けません。
結果、「教えてくれた人」のところに行きます。
濃いファンになった状態で。

ちなみに、この写真家さんの作り込んだプロフィールを別の写真家のクライアントさんに見せたところ「え、この写真家さんマジですげープロっすね!すごい!」って言ってました

ちなみにこの写真家さんは雑誌関係での実力者。
他人のことは普通はまったく知らないし、教えてもらえばそのすごさはプロの写真家さん同士でも感じるってことです。

ぜひ作り込んでみてください。
SEOで狙うキーワードなんちゃらとか、SNSの投稿時間とかよりも100倍大事です。あくまで、この「評価される土台」があってこその、SEOやSNSですんで。

あ、全然ライトじゃなかった・・・

関連記事一覧